HOME名刺作成システム事業 ≫ 名刺作成ソフト 名刺工房「匠」自動組版

名刺作成システム事業 ソフトウェア 名刺工房「匠」自動組版

名刺工房「匠」自動組版

ノウハウを必要とする名刺のレイアウト作業から印刷、裁断、データベース管理まで、お客様の環境にあわせてカスタマイズし、名刺作成に係る工程を大幅に簡略化するのが名刺工房「匠」自動組版です。
ファイルメーカー社のデータベースプラットフォーム「ファイルメーカー Pro」上で起動*し、Excel(CSV)形式やTXT形式などのデータをインポートして使用できます。企業の名刺規定に則り、すべてのパターンをプログラム化することにより、データを流し込むだけで自動組版を行います。人事データベースと連動した名刺作成も可能です。
※「ファイルメーカー Pro」と「Adobe InDesign」が必ず必要になります。複数のPCを使用する場合には、台数分のライセンスが必要です。

名刺工房「匠」自動組版名刺作成フロー

名刺工房「匠」自動組版名刺作成フローイメージ
専用ソフトウェア名刺工房「EXE」
ウェブ入力名刺工房「WebStudio」

Point1 完全自動組版で作業負担を軽減します

企業の名刺規定に則り、名刺データの部署や役職の行数、住所以下の行数を判断し、氏名印字位置を上下させ、積み上げ・積み下げの編集などを自動組版します。また、姓名の長さの違いによる文字間ピッチなども自動で補正します。

名刺工房「匠」自動組版起動画面 完成名刺イメージ(一例)

Point2 ユビキタスな操作設計により誰にでも操作できます

4つのボタンを順番に押すだけで名刺の印刷処理が完了

印刷オペレーター専用の操作画面を用意しました。オペレーターが行う操作は、「名刺データ取込」「プルーフ出力」「片面作成」「画面作成」の4つのボタンを順番に押すことだけ。誰でもすぐに使いこなせるユビキタスな操作設計により、入ったばかりの新人でも印刷処理が行えます。管理者はメンテナンス画面で、より詳細なデータ管理が行えます。

Point3 社内業務の負荷を軽減する機能を搭載しています

名刺に係る管理業務や社内処理をスムーズに行うための、多彩な機能を搭載しました。

  • 名刺の注文数がバラバラでも、印刷部数を自動的に指示することでプリント時の煩雑なオペレーションをなくしました。ミスの発生を防ぎます。
  • 発注担当者、電話(内線)番号などの管理項目が名刺データと一緒に表示されるため、万が一トラブルが生じた場合でも問い合わせ先を捜す必要がありません。
  • 取り込んだデータをすべて明細で管理することで、部署別の作成一覧や請求書を作成できます。

名刺工房「匠」自動組版 システム条件・機能

対応OS
Windows XP(SP3)/Vista/Windows 7
CPU
1GHz以上
メインメモリ
2GB以上
HDD空きエリア
100MB以上
DBエンジン
ファイルメーカー Pro
印字エンジン
Adobe InDesign
取込可能データ形式
Excelデータ(CSV)、TXT、TAB、Lotusデータ、ODBCデータ
取込可能画像形式
EPS、TIFF、BMP、JPEG、GIF、WMF、PIC
カラー対応
DICカラー、パーントーンカラー(PSプリンタ使用時)
対応書体
PS書体(PSプリンタ必要)、ATM、TrueType、Open Type

名刺注文システム(オプション)

名刺工房「匠」自動組版のオプションとして、名刺データを各個人(部署、支社単位)で入力・発注する際の名刺注文システムをご用意しました。Webブラウザを利用して発注者がデータ入力や校正、発注を行い、進捗状況まで確認できる「名刺工房WebStudio」と、発注者のPCにインストールし、名刺のレイアウトを確認しながら入力できる「名刺工房EXE」の2製品を提供しています。
※Microsoft Excelで名刺データを入力する「EXCELテンプレート」(無償提供)もご用意しています。別途お問い合わせください。

Webブラウザで入力から発注・進捗状況まで管理名刺注文システム 名刺工房「WebStudio」

名刺の発注者が入力・校正した名刺データを、イントラネット(自社サーバー利用)あるいはインターネット(ASPサービス利用)などのネットワークを経由して印刷室側が受注するのが名刺注文システム「名刺工房WebStudio」です。発注者側はWebブラウザを利用して、データ入力、校正、進捗状況確認を行います。印刷室がダウンロードしたデータは自動的に「受付」と表示され、名刺工房「匠」自動組版の印刷ボタンを押下することで「印刷」となるため、発注者側は電話やメールでの問い合わせが不要となり、印刷室側の対応も大幅に減少します。入力された名刺データや編集・印刷履歴はWebサーバに蓄積されます。
1ヶ月程度という短い開発期間によって大幅なコスト削減が実現し、従来のWeb発注システムと比べて1/2~1/3のコストで導入できるのが特長です。

個人データ詳細画面 進捗状況画面でステータスを確認できる

Point1 実際の仕上がりイメージを発注者が確認・校正できます

名刺の校正画面に表示されるのは、実際にプリントするソフトウェアで作成されたイメージです。仕上がりと同じイメージで発注者が確認・校正できるため、納品後のトラブルがほぼなくなります。(ご使用になるフォントによっては近似書体に変更となることもあります)

Point2 名刺工房「匠」自動組版導入後でも簡単に追加できます

名刺工房「匠」自動組版を導入済みの企業様は、オプションとして「名刺工房WebStudio」を追加できます。現在のシステムはそのままで、特別なメンテナンスを行う必要はありません。

ローカル環境で入力と仕上がりイメージを管理名刺注文システム 名刺工房「EXE」

名刺注文システム「名刺工房EXE」は、コピーフリーの発注専用ソフトで、発注者側の各PCで使用します。データを入力すると同時に、画面右側に名刺の出来上がりイメージがリアルタイムで表示され、発注者がその場で校正できます。注文枠がチェックされたデータをCSV形式でエクスポートし、書き出されたファイルを印刷室にメール添付することで注文が完了する仕組みです。入力された名刺データはデータベース管理されます。

名刺注文入力画面 発注するデータをCSV形式で書き出す

Point1 発注者が仕上がりイメージを確認・校正できます

注文者が名刺の出来上がりを見ながら入力・校正し、「注文プルーフリスト」を利用して注文データを名刺のイメージでプリントできます。印刷室側で校正を行う必要がなく、納品後のトラブルが少なくなります。

Point2 入力やプレビュー表示などが繁忙期に左右されません

ネットワークを使用せずローカル環境で作業を進めるため、繁忙期など名刺発注が集中する時期であっても、入力時の名刺プレビューがスピーディーに表示されます。

名刺作成システム事業に関するお問い合わせは TEL(03)3662-7688(直通)
お問い合わせフォームはこちら
ページの先頭へ